自分に合った化粧品に出会うまでの道

何となく使っていた化粧品

化粧を始めたばかりの頃、化粧品に対して疎くて何も分からなかった私は母の使っていた国内大手ブランドのものをなんの疑いもなく使い始めました。

化粧水、乳液、下地、ファンデーション、チーク、口紅をコスメサロンで揃え「なんとなーく」使っていました。

中でも美白の商品が気に入っており、シズカゲル(口コミ⇒http://www.collectiflacarteblanche.com/)は重宝していましたね。オールインワンタイプのジェルで、持ち運びも便利だからいつもバッグに忍ばせていました。

アルコールの臭いがしましたが、化粧品とはそういうものだと思い特に気にはしませんでした。

25歳くらいまでは特に問題もなく使い続けていました。可もなく不可もなくです。
しかし、アラサーが近づいた頃自分の肌に違和感を感じ始めました。その時には理解していませんでしたが、今思えばそれは「年齢肌」の始まりだったんですね。

30歳を過ぎてから違和感は本格的になりました。
お手入れしているとは思えない乾燥と季節の変わり目に訪れる顔のヒリヒリ感。

困ってはいたけれど何をどうしたらいいのか分からず、何も手を打たずにそのままでした。

韓国コスメとの出会い

ある時コスメ雑誌やメディアが韓国コスメのカタツムリクリームを取り上げ、話題になりました。
それまで国内大手ブランド一途だった私も興味が沸きブームに乗ってネットで購入してみました。

私が購入したのは「ジャミンギョン」です。使ってみると、それまで気になっていたアルコールの臭いがしません。
しかも肌への浸透が断然良く、ぐいぐい入っていくのが分かりました。そして高コスパです。

衝撃を受けました。今までの私は何だったのでしょう?

これをきっかけに韓国コスメにハマっていきました。
今では多少の乾燥はあるものの、ヒリヒリ感は皆無です。

韓国コスメともっと早く出会いたかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です