化粧水を使うときはコットンで

保湿のためには、洗顔後の化粧水は欠かせません。
また、そこで使う化粧水はたっぷりめにつけたいと思います。

でも、手にいっぱい化粧水を受けようとすると
やはり指の間からこぼれてしまいます。

そこで少しずつ化粧水を手に取って両手になじませてから
手で顔にパタパタすることを繰り返す人が多いのではないでしょうか。

しかし、このやり方では化粧水が顔にたっぷりつけられないのです。
手に付けた化粧水は、手の方に浸み込むだけでなく
顔の方にはたたきつけることで、化粧水が散ってしまいます。

そこで、化粧水は手に受けずに
コットンに浸み込ませて使うことをお勧めします。

コットンに化粧水をつけると、コットンが化粧水を吸って
顔につける量が減るのではないかと思うかもしれませんが
この方が、化粧水は皮膚に届くのです。

また、コットンは手よりも肌に密着するので
まんべんなく化粧水を広げることができます。

また、軽く押さえるようにすることで、肌の奥への浸透を助けます。

使った後のコットンがまだ湿っていてもったいないと感じたら
首やデコルテまで塗りこむようにすればいいでしょう。

でもこの時は必ずコットンを使いましょう。
面倒くさいからと、ティッシュペーパーをコットンの代わりに使うのは
やめてくださいね。
ティッシュペーパーでは肌への摩擦が強すぎてしまうからです。

このような理由があるので
どうぞ化粧水を使うときはコットンを使ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です