化粧水を使うときはコットンで

保湿のためには、洗顔後の化粧水は欠かせません。
また、そこで使う化粧水はたっぷりめにつけたいと思います。

でも、手にいっぱい化粧水を受けようとすると
やはり指の間からこぼれてしまいます。

そこで少しずつ化粧水を手に取って両手になじませてから
手で顔にパタパタすることを繰り返す人が多いのではないでしょうか。

しかし、このやり方では化粧水が顔にたっぷりつけられないのです。
手に付けた化粧水は、手の方に浸み込むだけでなく
顔の方にはたたきつけることで、化粧水が散ってしまいます。

そこで、化粧水は手に受けずに
コットンに浸み込ませて使うことをお勧めします。

コットンに化粧水をつけると、コットンが化粧水を吸って
顔につける量が減るのではないかと思うかもしれませんが
この方が、化粧水は皮膚に届くのです。

また、コットンは手よりも肌に密着するので
まんべんなく化粧水を広げることができます。

また、軽く押さえるようにすることで、肌の奥への浸透を助けます。

使った後のコットンがまだ湿っていてもったいないと感じたら
首やデコルテまで塗りこむようにすればいいでしょう。

でもこの時は必ずコットンを使いましょう。
面倒くさいからと、ティッシュペーパーをコットンの代わりに使うのは
やめてくださいね。
ティッシュペーパーでは肌への摩擦が強すぎてしまうからです。

このような理由があるので
どうぞ化粧水を使うときはコットンを使ってくださいね。

1週間で美白になるスキンケア

美容系youtuberとして知られている戯ちゃんが紹介している美白スキンケアです。
それはアクアレーベルのホワイトアップローション+メラノCC美容液です。

使い方としては、顔に塗る時には、アクアレーベルを500円大に手のひらに出し、そこにメラノCC美容液を5滴ほどたらし、混ぜます。
それを手で温め、顔に押さえるように浸透させます。
戯ちゃんは顔・首・手に行っているそうです。3日で効果が出るとのこと!

この2つが美白に導く理由とは…
アクアレーベル化粧水には、予防美白効果のある「m-トラネキサム酸」が配合されています。
トラネキサム酸とは、元々は、炎症を抑える効果があるものです。しみで起こっている炎症を防ぎ、肌細胞のダメージを改善してくれます。
メラノCC美容液には、予防美白、また既に出来てしまったも炎症の還元美白に導く「活性化ビタミンC*1」「ビタミンE誘導体」が配合されているのです。ビタミンC、ビタミンEには、コラーゲン生成、抗酸化作用があります。細胞膜や血中脂質が活性酸素により酸化されるのを妨げ、老化を防いでくれます。そのため、毛細血管の流れを良くし、肌の隅々まで血が巡ることによって肌荒れを防いでくれるのです。この2つの作用が働き、ニキビやしみなどの炎症を抑えながら、美白に導いてくれるのです。

私も実際にすでに日焼けしていた首の裏の部分、1年前の靴擦れの跡が残ってしまっていた足に使用しました。
すると1週間で、靴擦れの跡は、1年間残っていたのに、1週間使用して見事に薄くなりました!これなら。1か月後には完全に消える予感です^^
首の裏部分はまだ効果を感じていないので、続行していこうと思います。